スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反省ばかり

2009/03/09 00:12

あと数分で週末終了…なぁんかあっという間の週末だった。
もう先週は散々な一週間で、胃に穴空きそーと思う瞬間が何度もあった。
そのほとんどが仕事でのことだったんだけど、でも元をただせば結局自分の不注意だったり気持ちの緩みが原因だったりして、余計にげんなりした。
もうとにかく反省の嵐の一週間だったなぁ。
それに加えて最近体調もすぐれないもんだからなんかもう泣きっ面に蜂っていうかんじで。
2回目の放射線治療の後甲状腺ホルモンの量を増やしたんだけど、今の分量がどうやら多すぎるようで、お腹の調子はずっと悪いし、寝汗はかくし、コーヒー二杯のんだだけで動悸で心臓止まるかと思ったし…っていうまさに亢進症の症状がでてきていたのでお医者さんに行って血液検査してもらったらやっぱり甲状腺ホルモン値が高すぎるとのこと。
毎日のむ量を以前の量にもどすことにしたからそのうち変な症状も治まると思うけど、2週間くらいはかかるかなぁ。
仕事でのミスも最近突然増えて、特に数字系の間違いが急増したから、もしかしてこれも亢進症のせい?とか思った。
だって自分でも怖いくらいボケボケなんだもん。
薬のせいにしちゃいかんとか思ったけど、ミスしてしまったから気をつけなきゃと思ったのにまた違うミスしてしまったりして、完全に集中力が欠けているかんじで、普通じゃないのよ。
大丈夫か、自分!?って思った。
まぁでも週末でリフレッシュできたから、来週は平和な週にできるかなぁ。
仕事はおそらく6月いっぱいでの退社になりそうで、もう残りもそう長くないから最後は美しく去りたいんですが!
来週末はベルリン行きが決まってるので、楽しめるようにがんばろー。

空振り

2009/02/01 01:39
先日の記事で風邪をひいたらしいと書きましたが、その後すんなり症状がひき、元気に動いております。
というか彼が完全にやられているので、その看病をしています。
どうやらインフルエンザではないようでほっとしているんだけど、内心「お願いだからうつさないでくれぇぇ」と思いながら世話してます。
なにがなんでも来週月曜には会社復帰したいので…
ただの風邪でも入院のあとの休みが長引いたりするといろいろ変な憶測とかがとびかって面倒くさかったりするし。
引き続きビタミン大量摂取だー

今日上司の家でホームパーティーがあり、病人おいていくのは少し気が引けたし日中は私の様子見ということで遠方からきてくれていた親戚の相手で少し疲れていたのでいくか迷ったんだけど、こういう機会はなかなかないしってことで顔をだすことに。
そこでショックなことが…
同じ部署で働いている同僚がご懐妊というご報告。
結婚5年目の彼女だから子供のことは考えていただろうし、もちろんとてもおめでたい知らせではあるんだけど、今きたかー!というかんじで。
私も2月中には会社に退職の相談をさせてもらおうと思っていたもんで…
彼女がいつまで働く予定かわからないけど、予定日が7月ということだから、まぁ普通遅くとも5月くらいまででしょう。
それってまさに私が退職希望していた頃なんですけど…
ただですら支店長が変わったりしてバタバタしている時に切り出しにくいなぁと思っていたのに、もんのすごい言いにくい!!
先越されちまったーというかんじです。
でも私としては治療が一段落ついてから言いたかったっていう部分もあり、今まで言わないでいたのですが。
全部で5人の部署なので、そのうちの2人が一気に抜けるなんてことになったらかなり大変なのは目にみえていることで、それを知りつつ上司に相談するのは正直ものすごく気が引けます。
まぁでも5月に退職というのが無理でもとりあえずなるべく早く上司に自分の意向を伝えるべきなのは確かだね。
上司は本当に理解がある人だから、絶対にこちらに悪いようにはしないようにしてくれるのがわかっているからこそつらい…
扱いが悪い会社なら「こんな会社、辞めてやるっ」とか言って辞表たたきつけることもできますが、この上司には恩がありすぎます。
あぁ今から気が重いよう。
とはいえドイツ生活にも限りが見えてきた今、だらだらと今の会社で働いたら絶対に後悔することは自分が一番よくわかっているので、奮い立たせるしかないね。
力を分けてください…

やられた

2009/01/29 11:01
IMG_3325_web.jpg

あうー病気克服宣言をした矢先に、風邪をひきました…
まだ初期症状なんだけど、鼻水にくしゃみ、寒気と明らかによくない兆候。

会社は今週金曜日までお休みをもらっているので、今のうちにいろいろすませとかなきゃと思って、
いつも言ってる近所のお医者さんにいって先日の入院報告の手紙を提出したり、甲状腺ホルモンの処方箋をだしてもらったりしたんだけど、いつも割と空いているのに昨日は待合室がいっぱいで何事かと思っていたら診療室に入った途端に「あなたはインフルエンザ大丈夫?今みんなインフルエンザかかってるから…」ときかれ、「私は全然平気ですよ、先生は?」と聞き返した「うん、私も少しね…」とのこと。
確かに待合室で横に座ってた人もごほごほやってた…
どうやらインフルエンザの巣に入ってしまったらしい。

こういうときはむやみやたらに人ごみのあるところに行くもんじゃないなぁと思ったんだけど、夕方図書館に行かなきゃいけない用があったりして再度外出。
夜帰ってきた彼も「なんか風邪っぽくてだるい」とか言ってるし…

急いでうがいしたりビタミンのんだりしたけど、今朝起きたら上記の症状で、「やられた」ってかんじ。
最近風邪ひいてもあまり悪化せずに治るケースが多かったから今回もそうだといいけど、インフルエンザはいやだよー!!
あの苦しさ、想像しただけでもぞっとする。
朝食には蜂蜜たっぷり入れたミントティーと、キウイーとブラッドオレンジを食べたけど、勝てるかなぁ。
とりあえず今日はお家でゆっくりすることにします。

写真は最近はまってるザクロ&ザクロシロップをかけたヨーグルト。
「親子ヨーグルト」とよんでます。
ざくろは味もいいけど、何より宝石のような見た目が好き。

この上ない喜び

2009/01/26 14:20
先週2回目の放射線治療を終え、今日がその成果を確認するための検査(シンチ+血液検査)の日でした。
「検査の日には甲状腺ホルモンを飲まないで下さい!!!」という注意事項に全く気がつかずにのんでしまって、あぁ今日は検査できないかも…とかなりしょげた気持ちで病院にいったら、「別に大丈夫よ」とさらっと流された。
検査は全部で1時間くらいで終わり、主治医が空くまで待たされそうと思ってたらそれもあっさり順番がまわってきた。
部屋に入ったとたん「結果がよかったのでとりあえず治療はこれで一段落です。がんばりましたね。」
と言われて握手をしてくれ、半年後の検診のための予約の紙だけ渡されて終了。
あまりの簡潔さに一瞬とまどい、でもこれだけはきいておかなきゃと思って「今日から魚でも海藻でもなんでも食べていいってことですよね!?」ってきいたら「もう寿司でもなんでも思う存分食べてください!」とのこと。
この主治医とはいろいろとトラブルがあって、言葉のせいなのか、単に相性が合わないのかわからないけど頭ごなしに怒られたりしてくやしくて涙したこともあるんだけど、今日ばかりは抱きしめたいと思った。
病院をでたらうれしさがこみ上げてきて、涙がほろり。

完治といってしまっていいかわからないけど、とにかく今後経過がよく、これから定期的に行う検査でもひっかからなければこれ以上の放射線治療は必要がないということ。
その検査も3ヶ月に一度くらいやるのかと思っていたら、半年後までは特に必要ないとのことで、「あぁ身体が悪いものに打ち勝てたんだ」と思うととにかく感動で…

この数年間、こんなにも自分に素直に「よくがんばった!」と思えたことはなかった。
治療中はいつも支えてくれる人がいたし、手術もその後の治療もとにかく治すためにやるしかないっていう気持ちだったから、文句は言えないって思っていたけど、食事制限や味覚障害、放射線治療の副作用への不安等がとりあえずは過去のものになったと思うと本当にほっとした。

ご褒美として病院の帰りにカフェで濃厚ホットチョコレートをのみ、小さな花束を買って、お昼ごはんには家で明太子スパを食べて4か月ぶりに魚介類と海藻を堪能。
おいしーーい!!

夕飯も魚に決定したので、これから買い出しいってきます。
今夜はシャンパンも開けて、お祝いです!!rainbow

クリスマス生き残りました

2008/12/30 00:02
IMG_3258_web.jpg

今年も残すとこあと2日になりました。
とはいっても仕事は31日まであるのであまり実感なし。ドイツでは毎年のことですが。
日本のような年末、お正月にかける意気込みはドイツ人にはないので、まぁ花火とかは売られて年越しの瞬間は祝われるものの、基本的にみんなクリスマスで心身ともに(特に胃が)疲れて燃え尽きてるかんじ。
確かにこっちのクリスマスはなかなか体力が必要で、ツリー探し、飾り付け、クッキーやお菓子の準備、ディナーの準備、プレゼントの用意などなど全部きちんとやらなきゃいけなかったらどんなに大変だろうと考えたたけでもぞっとするくらいやることが沢山ある。
別に信心深くなくても子供たちが喜ぶからという理由で子供がいる家族では上記のような過程も大切にしてるところが多いみたい。
うちには結局今年クリスマスを思わせる飾りなどは一つも登場せず、クリスマスクッキーも焼かなかったなぁ。

クリスマス当日にはさすがに街全体が厳粛な雰囲気になるけど、その前後はまさにWeihnachtsstress(クリスマスストレス)にやられている人たちをよくみる。
週末(27日)にスーパーの食材の買い出しに行ったらなんだかすれ違う人すれ違う人殺気立っててこわかったし!
少し道をブロックしてただけで恐ろしく深いため息をつかれたり、ぶつかってきたくせに睨まれたり、レジの人はお金をだすのに少し手間取るおばあちゃんに「もううんざり」ってかんじだったり…
どこいってもBon jour!って明るく(きこえる)挨拶してもらえるフランスから帰ってきた直後には衝撃的!
レジのお姉ちゃんにはほんと「まぁいいじゃないの」って言いそうになった。
噛みつかれそうだったから飲みこんだけど。
やっぱり景気のせいもあるのかねー。

IMG_3254_web.jpg

フランス旅行はなんだかあっという間でもう1日、2日あればよかったな…という気はしたけど、パリ2日ブルゴーニュ2日で動と静のコントラストがあってよかった。
とはいえ思い返せば↑のイラつく人と同様、私も彼もパリのデパートの人ごみにイラつき喧嘩しましたが…久々に頭が一瞬白くなるほど頭にきてしまって。
原因は別に大したことではないんだけど。
ブルゴーニュではおいしいものを食べて、ワイン畑をドライブして、ホテルにあったビリヤードにはまって…少しクールダウン。
夏や秋だったら同じことしても10倍くらい気持ちいいんだけどね。

IMG_3273_web.jpg


24日~26日は昨年同様叔父さん家族と一緒に過ごしてドイツ的クリスマスにどっぷり。
食べては散歩食べては散歩の繰り返し。
お腹を空かすために歩いているようなもんです。
外は零下くらいだってのに森の中4時間くらい歩いたよ(しかも高速)。
リズムに乗ってくると身体も楽になって気持ちよかったけど、さすがに翌日筋肉痛になりました。

なんかフランス料理+ドイツのクリスマス料理で、この一週間で一年分のバターを摂取した気がします。
帰ってきてからは2日連続で夕飯は梅干しごはん。
手抜きっていうよりも、まさにそれが一番食べたかった。

IMG_3305_web.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。