スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらだけど

2005/07/06 19:18
ミュンヘン在住の日本人の友達に借りた「白い巨塔」、観終わりました。
噂はいろいろきいていたし、あれだけ話題になった作品だから覚悟はしていたけど、いやーーとまらない!
観始めたら最後、6話くらいはノンストップで観てしまう・・・
なんだか観てるうちに身体のいろんな場所が痛くなってくるんだけど!

病院舞台のドラマだから当然といえば当然なのだけど、色が少ない+冷え冷えとしていてて、なんだか心休まるシーンがないから精神的にとても疲れる。
それに大学病院という組織にしても教授婦人たちのグループにしても、建前やら損得だけを考えて動く人たちの姿が醜すぎて、気分が悪くなる。
始めのほうは里美夫婦だけが微笑ましいわ、と思っていたけど、なんだか他人行儀な夫婦間のコミュニケーションが目につき始めて、「こんなの寂しいよー!!」と思い始めて。
ということでかなり体力を消耗するドラマでした。

観終わって思ったのは、やっぱり人生は「戦い」なんだな、ということ。
人それぞれ何かを求めていろんなものと戦ってるわけだけど、その根本にあるのは自分との戦いで、何かを手に入れるためには自分に勝たないとだめなんだろうな、と改めて感じた。
ついつい戦いを避けて楽をしようとしてしまう私には、「白い巨塔」の登場人物たちの醜い程の執着心やら欲にも少しは学ぶところがあるなぁと思ったのでした。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!! 「白い巨塔」、私は、田宮次郎さんがやったのを、ビデオで見たのですが、見ごたえあるドラマですよね。
この原作、数十年前に書かれているそうですよね、聞くところによると、この状況と、現在の状況は、さほど変わらないらしいです…!!



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。