FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射線のちから

2008/10/08 11:37
今日は放射線(日本でいうアイソトープ)治療3日目。
入院初日の6日に放射線ヨードのカプセルをのんで、初日は特に何の変化も感じなかったけど、昨日は朝起きたら吐き気は気持ち悪いし、顔(エラのあたり)は腫れてパンパンだし、ひたすら眠いし、いかにも身体が身体に入った異物と戦ってるんだなぁというかんじだった。
上記の症状は事前に副作用として起こりえる症状としてきいてたし、これから放射線が身体から抜けていくにつれて軽くなっていくはずだから特に心配はなかったけど、放射線を早く身体から排出するために、できるだけ水分を多く摂って、すっぱい飴等をなめて唾液をださなきゃいけないんだけど、吐き気があると水すらのみたくないし、食べものなんて見たくもないし…吐き気止めの薬をもらったからお昼頃には症状が軽くなったけどね。
唾をだすために用意したのは「男梅キャンデー」とレモン味ののど飴。「男梅」は以前同僚にもらって本格的な梅味に感動して今回親に日本から買ってきてもらったもの。すっぱさと塩味がたまらない!!でも飴ばかり食べてると口の中が痛くなってくるし、嫌気がさしてくるのでいろいろなすっぱいものを想像して唾出すようにしています。梅干しを口いっぱいに詰め込む想像とか、酢を原液でのむ想像とかね。(これ読んだ人、唾でたでしょう?)
あと本当は涙腺からも水分をだすために泣かなきゃいけないんだけど、いろいろ悲しいことを考えると涙1粒2粒くらいはでるんだけど、号泣するっていうのはけっこう難しくて…感動しそうな本を持ってきたのでそれに期待。あ、あと今日母親がおにぎりを持ってきてくれる予定なので(会えないけど)玉ねぎもついでにもってきてもらって、切れないナイフで切って涙腺を刺激する予定。部屋がくさくなりそ…

部屋は10平米くらいの狭い個室。あるのはベッドと机とテレビとバスルームのみ。私からでる放射線から看護士や医者を守るために、ベッドの横には鉛の壁があって、それ越しでしか人とは会えない。入院中はお見舞い客との対面も禁止です。
部屋には鍵はかかっていないものの、もちろん退出禁止。部屋には結構大きい窓もあるんだけど、最初の2日は窓を開けるのは禁止されていて、ここで使われる水は放射線を含むということで、他の水とは別の場所に一定期間貯めておかなきゃいけないから、シャワーもなるべく浴びないようにしなきゃいけない。
別に目にみえるわけじゃないけど、今かなり危険な人になってるんだなぁと思うとちょっとこわいようなおもしろいような。
退院は2日後の金曜日を予定しているけど、そのあとも数日は子供となるべく接触しちゃいけないらしい。大人ともあまり長時間近距離で接触しないように、とのこと。
さみし…
病院食は、手術を受けた病院よりは若干ましな気がするけど、相変わらず野菜が少ないし、あったとしてもおいしくなさそうなトマト丸ごと一個ゴロンと置いてあるだけとか、食べたらお腹こわしそうなくらい熟してないネクタリンだったりとか、物悲しくなるものばかり。まぁどうせ大して食欲もないし、いいんだけどね。
少なくとも看護婦さんたちはみんな親切なのでよかった。
こんなとこにずっといたら足腰弱りそうだし、監獄に入れられているような気分になりそうだけど、まぁあと2日の辛抱だと思えば我慢できるね。
この機会に普段なかなかゆっくり読めない本を読破するぞっ
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。