スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半年

2006/04/01 20:45
04_02_80.jpeg



なんとなんと、フランクフルトにきてもう半年が経ちました。
この半年を振り返ってみると、とにかく社会人っていう新しい立場に慣れることと、フランクフルトで自分の居場所をみつけるのに精一杯だったなぁと思う。自分の家がみつかっていないということで、なんだかまだ少し落ち着けていない感があるんだけど、でも半年たったことだし、自分の次のステップを少しずつ考えないとなぁって最近思い始めてる。
この仕事を始めるって決めたときに、3年くらいあれば旅行代理店での仕事のだいたいの動きがわかるかなっていうのと、転職のことを考えるとそのくらいの期間は働いておいたほうがいいよねっていうことで、3年は続けようって決意したんだけど、そもそも飽き性の私にとっては3年っていう期間、いかに自分の興味や集中力をひきとめておくかがすごく大きなテーマでして、次にしたいことを考え出すとそっちにばかり気がいってしまって、今いる状況から離れられないことを苦痛に感じそうだったから、どこかで考えないようにしようと自分で抑制していたところもあるかもしれない。
でもこの半年は本当に瞬く間に過ぎていったし、一日一日を意識して過ごさないときっと3年だってすぐにたってしまう。周りには「ひたすら働いててふと気がついたらもうこの歳よー」なんて言う人がわんさかいる。仕事に精をだすのはとてもいいことだと思うけど、でもふと振り返って「私はこの3年間何をしてきたんだろう」なんて思うのだけはごめんだから、同じ仕事をするにしても、そこから最大限に学びとらないと損だよね。
3年後や5年後のビジョンをもって行動する、なんてのは私にとってものすごく至難の業なんだけど、今やってることをどう次のステップにつなげていくか、そんでもってそもそも何がしたいのかってことをまた改めて考えなおさなきゃなぁと思う。毎日の忙しさに忙殺されて、そこから抜け出す気力も他の可能性を考える想像力も奪われている人が多いように感じるからなおさら。
でも将来図を描こうとする度にぶちあたる壁が、結婚&出産。自分の中ではこの人生の一大イベントが今後5年、6年以内に起こる「予定」なんだけど、今の時点では計画不可能なのに、結婚、とくに出産なんてすれば人生がガラッと変わることになるだろうから無視するわけにもいかないし・・・というわけでいつもこれを言い訳にビジョンを描くことを放棄してきた。キャリアを人生のどの位置に置くかが決められないでいるんだよね。男性の場合は定年まで働き続けることが当然のこととされてるし、もちろん大学に行きなおす、とか専門を変えるっていう選択肢はあるにしても、キャリアや仕事がほぼ必然的に人生の中心にくると思うんだけど(もちろん仕事はあくまでお金のため、自分は趣味のために生きている!っていう人もいるけどさ)、女性の場合幸か不幸かそうとも限らないからね。まぁおそらくすべての女性が一度は悩む、仕事か家庭かってやつだね。まー今からそんなことを悩んでも仕方ないから、基本的には仕事のことを中心に考えようと思ってるけどね。
次のステップとして今のところ一番可能性が高いのは、やっぱりロンドンに移り住んでなんらかのかたちで観光に携わる仕事をすることかなぁ。そう希望通りにいくかどうかはわからないけど、ロンドンにまた住む夢は捨てられそうにないです。

++写真は先週末にドライブで行ったハイデルベルク。
まだ新緑はないけど、確実に春が近付いてきています。これからの季節は散歩が楽しくなるねー!!++
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。