スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス生き残りました

2008/12/30 00:02
IMG_3258_web.jpg

今年も残すとこあと2日になりました。
とはいっても仕事は31日まであるのであまり実感なし。ドイツでは毎年のことですが。
日本のような年末、お正月にかける意気込みはドイツ人にはないので、まぁ花火とかは売られて年越しの瞬間は祝われるものの、基本的にみんなクリスマスで心身ともに(特に胃が)疲れて燃え尽きてるかんじ。
確かにこっちのクリスマスはなかなか体力が必要で、ツリー探し、飾り付け、クッキーやお菓子の準備、ディナーの準備、プレゼントの用意などなど全部きちんとやらなきゃいけなかったらどんなに大変だろうと考えたたけでもぞっとするくらいやることが沢山ある。
別に信心深くなくても子供たちが喜ぶからという理由で子供がいる家族では上記のような過程も大切にしてるところが多いみたい。
うちには結局今年クリスマスを思わせる飾りなどは一つも登場せず、クリスマスクッキーも焼かなかったなぁ。

クリスマス当日にはさすがに街全体が厳粛な雰囲気になるけど、その前後はまさにWeihnachtsstress(クリスマスストレス)にやられている人たちをよくみる。
週末(27日)にスーパーの食材の買い出しに行ったらなんだかすれ違う人すれ違う人殺気立っててこわかったし!
少し道をブロックしてただけで恐ろしく深いため息をつかれたり、ぶつかってきたくせに睨まれたり、レジの人はお金をだすのに少し手間取るおばあちゃんに「もううんざり」ってかんじだったり…
どこいってもBon jour!って明るく(きこえる)挨拶してもらえるフランスから帰ってきた直後には衝撃的!
レジのお姉ちゃんにはほんと「まぁいいじゃないの」って言いそうになった。
噛みつかれそうだったから飲みこんだけど。
やっぱり景気のせいもあるのかねー。

IMG_3254_web.jpg

フランス旅行はなんだかあっという間でもう1日、2日あればよかったな…という気はしたけど、パリ2日ブルゴーニュ2日で動と静のコントラストがあってよかった。
とはいえ思い返せば↑のイラつく人と同様、私も彼もパリのデパートの人ごみにイラつき喧嘩しましたが…久々に頭が一瞬白くなるほど頭にきてしまって。
原因は別に大したことではないんだけど。
ブルゴーニュではおいしいものを食べて、ワイン畑をドライブして、ホテルにあったビリヤードにはまって…少しクールダウン。
夏や秋だったら同じことしても10倍くらい気持ちいいんだけどね。

IMG_3273_web.jpg


24日~26日は昨年同様叔父さん家族と一緒に過ごしてドイツ的クリスマスにどっぷり。
食べては散歩食べては散歩の繰り返し。
お腹を空かすために歩いているようなもんです。
外は零下くらいだってのに森の中4時間くらい歩いたよ(しかも高速)。
リズムに乗ってくると身体も楽になって気持ちよかったけど、さすがに翌日筋肉痛になりました。

なんかフランス料理+ドイツのクリスマス料理で、この一週間で一年分のバターを摂取した気がします。
帰ってきてからは2日連続で夕飯は梅干しごはん。
手抜きっていうよりも、まさにそれが一番食べたかった。

IMG_3305_web.jpg

スポンサーサイト

あと一日がんばれば

2008/12/18 23:36
クリスマス休み突入です。
クリスマスはさっさと終わってくれってかんじだけど、休暇はとってもありがたい。
今年はクリスマスと週末が連続しているので、少し休みをとればかなりの連休になる!ってことで、来週月曜~水曜は休暇をとりました。
明日さえ働けば1週間お休み♪
クリスマスは今年もファルツに住む叔父さんの家に誘われたので迷うことはなかったんだけど、その前の5日間をどこで過ごすか迷いに迷って…
ニューヨーク、アイスランド、イタリア、ドイツの田舎、スイスの山等の候補があったけど、近場でおいしいものを食べてゆっくりしたいってことでフランスに決定。
田舎のコテージ的な宿でゆっくりするのもいいかなとは思ったけど、この時期旅行にいくとなると現地人はだいたいスキー目的だから、調べていてもスキーリゾート的な場所ばかりでてきてなかなかしっくりくるものがなく…結局はずれないようにパリ2泊と、ブルゴーニュ地方の田舎のホテルで2泊することにした。
夏にニースに行ったときに飛行機が乱気流に巻き込まれ、本当に死を覚悟するほど揺れたから、それ以来極力飛行機には乗らないようにしているもんで、車で帰ってこれるっていうのもポイント。
フランクフルト→パリ、パリ→ディジョンは電車だけど、ブルゴーニュからはレンタカーで叔父さんの家まで行きます。
今年はなんだかフランスによく行ったから、またぁ?ってかんじもなくはなかったんだけど、でも結局行くと毎回満足してるので今回もきっと満たされて帰ってくるでしょう。

今年の出勤日はあと29日、30日、31日午前のみ。
年末の連休はたいていトラブルが起こるので少しドキドキだけど、今年は静かに過ごせますように。

なんかよくみえない

2008/12/06 15:25
IMG_3112_web.jpg

クリスマスマーケットが始まってクリスマスムードは高まってきたものの、最近は衝撃的に天気が悪い。
もうドイツで迎える冬も今年で5回目になるけど、毎回この暗さにびっくりする。
寒さは覚悟しているし、部屋の中は暖かいからそれほど気にならないんだけど、この暗さは…うそでしょ!?というかんじ。
もう何日晴れ空をみていないんだろう。
最後に眩しいとかんじたのはいつだろう…
毎日のように夕飯を食べてたベランダも今は一歩も外に出る気にならない。
どうせ毎日曇り空か雨OR雪なので、天気予報も見る必要がないし、習慣で毎日塗ってる日焼けどめも「ふん、どーせ必要ないだろうけどさっ」と卑屈になりながら塗ってる状態。
今朝も朝食を食べながら窓の外をみたら、人影はないし、葉っぱは全部散ってしまって木も寒々としているし、なんだか何も動くものがなくて「死んでる…」というかんじだった。
ほんの3か月前には子供がその辺を走り回って緑は青々として鳥がさえずってたというのに。
なんかそのコントラストがすごいんだよね。
ミュンヘンとかアルプスに近い方にいけば雪は多いけど晴れるときはカラッと晴れてくれて気持ちいいんだけど、フランクフルトはなーんか気温はそこまで下がらない分、ひたすらどよーんとして中途半端なかんじ。
ベルリンの冬なんかよりはいいけどさぁ。

なんだか愚痴のようになってしまったけど、正直まだそこまでうんざりとはしてなくて、心境としては感心と驚きが入り混じった感じ。
2月頃になるともういいかげんにせぃ!ってかんじになるんだけどね。

写真はベルリンでみたお家型お菓子とカフェで自動販売機で売ってたミニミニNIVEA。

IMG_3128_web.jpg

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。