スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レアです

2006/01/21 15:26
今日はフランクフルトで研修中の友達の彼女とお茶をすることに。
なんか同年代の女の子とお茶をするのがすごく久しぶりで、お茶してる間中みょうにウキウキしちゃった。
その子とはこの前初めて会ったばかりだから、自己紹介的な会話も多かったんだけど、それでも結構赤裸々に揺れる乙女心について話してくれたりして(笑)おもしろかった。
年上の人と話すのもすごく好きだけど、やっぱり同性で同年代だからこそ分かり合える悩みとか話題ってあるもんねー

ところでやっと、新しい携帯電話を買いました。
これまで使っていた通話料の高いプリペイド式から契約を結んで毎月基本料金を支払うものに切り替えたんだけど、びっくりしたのがその新しい番号。
ケータイ番号の前につく4桁の番号の後の8桁の番号に7と2しかないというレアな番号をもらっちゃった。別に自分で選べるわけではなく、コンピュータが勝手に指定するんだけど、店員の人が「おーすごい!こんな番号みたことない!みてみて!」と他の店員を呼び集めて一番興奮してた(笑)これでやっと自分の番号が覚えられる!
ホームゾーンの番号もやたらに覚えやすい番号だし、なんなんでしょう?
嬉しい反面、こんなところで運をつかっていたらいやだな、とかひねくれたことを考えながら家路に着いたのでした。
スポンサーサイト

映画ばんざい

2006/01/20 23:26
行くべきか、行かないべきかという選択肢の間で100回くらい行ったりきたりした結果、結局いかないことにした。
漠然としすぎてなんのことやらわけがわかりませんね。
適当に読み流してください。
行かないことにして週末の予定も自分の心もぽかーんと穴が空いてしまったから、それをどうやって紛らわそうか考えて、やっぱり映画でしょ!ってことに。
普段は一人で映画館にいくのも好きだけど、そういう気分のときに無理して一人でいくとなんだか余計むなしい気分になるのでそれだったら名作DVDでも買って家で見たほうがいいやと思いお店へ。
安いDVDは映画館にいくより安く買えてしまうし、オリジナル言語+字幕でみられるから一人ならそのほうがお得なんだよね。
なんか久々に「ベルリン天使の詩」が観たくなったんだけど、いくら探してもみつからないのでバーゲンコーナーにあった「Mr. Ripley」を購入。
2年ほど前に一度友達に薦められて観てすごく気に入ったからもう一度観てみたくなって。
当時はジュード・ロウがでてるから、という理由でみたかったんだけどね。
いやーほんと、今回もしみじみと「大作だ」と思いました。
キャスティングもいいし、景色がきれいだから(イタリア)目を楽しませてくれるし、なにより感情描写がうまいっ!
でもだからこそ観終わった後すごく苦しいような切ないような気持ちになるんだけどね。
テーマは先週観たウッディ・アレンの「Match Point」(日本でも公開されてるかな?)と通じるものがあるんだけど、「Mr. Ripley」はもっと奥深い感じ。
でも「Match Point」もおすすめ!!
Woody Allenが初めてニューヨーク以外の街を舞台に撮った映画らしいんだけど、久々に画面で観るロンドンに想いを馳せてしまったよ。スカーレット・ヨハンソンがまだ21歳(くらいだよね?)とは思えないほどの色気をだしてるし、さすがベテラン監督だなぁと思わせる部分が多かった。
来週はサユリを観にいこうかと思ってます。
中国人が演じる芸者がどんなかんじに仕上がってるのかすごく興味あるなぁ。

枯渇注意報

2006/01/14 06:41

化粧も落とさずに寝た回数:3回
平均睡眠時間:9時間
夕飯メニュー:カップスープ+せんべい×2


これ、今週の私の生活。
いかん!!これじゃ枯れます。
実際ひとつ難関を突破できたので充実感はある一週間だったんだけど、こういう生活に疑問を感じなくなったら危ない。
仕事人間になんかなりたくないんだよーう。
まぁ最初は手際が悪いから時間かかってしまってうのは仕方ないんだけど、1年後にはもっと自分の時間をもてるようにしなければって思ってる。
だって多面的な人間になりたいんだもん。

この週末はおもいっきり自分のしたいことして1週間をとりもどしてやります。

働きBEE

2006/01/13 05:53
いやー今日も働いた!
でも仕事の幅が広かったからか、そんなに疲労感はないや。
今日は久々にジムに行く気満々だったのに、23時までと思ってた営業時間が22時ということでしぶしぶ断念。
でも汗をかきたい気分だから明日は金曜だし早起きして仕事前に行っちゃおうかなんて爽やかな(無謀な)ことを考えているんだけど・・・
朝からスポーツしたらさぞかし気持ちいいだろうけど、さて、自分を律することができるかねぇ。
HPを担当している同僚が今日本に帰国していからHPをいじれる人が私しかいなくて、当然更新があるとみなさん私に頼んでくる。というかそもそも担当者がいない間は緊急のものだけ更新、っていう話だったのに、なぁんかやけに更新が多い。
それに自分で一からHPをつくるのと、人の作ったものをいじるのとは訳が違う!後者のほうが枠ができてるから楽な部分もあるけど、ファイルの保存場所がわからない、どのエディタを使って画像を編集してるのかもわからないetc、疑問点が続出・・・そんでもってその同僚と連絡もつかないから、簡単な作業のひとつひとつにいちいち時間がかかる。でも面接で自分を売り込むため「HPできますよ♪」なんて言っちゃった手前、諦めるわけにもいかず、ひたすら試行錯誤・・・基本的に嫌いな作業ではないからそれだけに集中できるのならいいんだけど、自分の仕事もあるし、時間がみるみる間に過ぎていくから、ちょっとやって自分の仕事にもどって、またちょっとやって戻って・・・っていう作業。他の仕事の傍らでHP更新もやってるその同僚にあらためて感心しちゃったよ。

それにしても本格的にW杯関係の仕事が増えてきました。今週月曜日にはオーダーの量が未知の領域に達して、もー本当に帰れないかと思った。これからさらに増えていくんだろなぁ・・・ひーえぇぇぇ。コツみたいなものをつかんできて作業スピードは速まっていくはずだけど、ホテル事情は今後さらに悪化するだろうし・・・
でもあんまり気負いすぎないことにしました。
もちろん任された仕事は責任もってやらなきゃいけないけど、自分を褒めることも忘れないようにしないとストレスでつぶれちゃうー
ちょっと緩め、くらいがいいんじゃないすかね。

正月ARBEITER

2006/01/04 06:14
この2日間は珍しく日本のお正月のような青くてどこまでも高い空だったから、仕事中に「日本のみんなは今ごろ何してんのかなぁ・・・ごちそうたらふく食べて、こたつで居眠りでもしてんのかなぁ」なんてついつい意識が違うほうへ行ってしまう。
今年はクリスマスも大晦日、元旦もおもいっきり週末とかぶっていて、それ以外の休みは26日のみ、という残酷な年でした。
ドイツでは1月2日からほとんどの会社が営業を再開するんだよね。
私の職場も例外にあらず。
正月に働かなきゃいけないなんて!と思っていたけど、実際こっちにいるとまったく正月気分になれないので、結構気にせず働いてます。
日本が今日まで休みだったから電話もほとんど鳴らず静かだったから、たまっていた仕事を消化することに専念できてラッキー、というかんじ。

ところで年末、親がきていたから久しぶりにどーしてもおいしい寿司が食べたくなって、思いつくフランクフルトの日本人が経営してる寿司屋はすべてまわったけど、どこも年末年始はお休み・・・翌日、寿司でなくてもいいから日本食!と思ってまたいろいろ行ってみたけど、やっぱりどこもお休みでした。
雪がひっきりなしに降ってる中で散々歩き回ったのに日本食にありつけず、もうほんと半泣きでした。ずっと楽しみにしてたのにーー
こうなったらもう中途半端な寿司を食べるのは悔しいから次回帰国するまで我慢します。とはいえ回転寿司でも十分うれしいんだけど。

独流年越し

2006/01/01 22:10
明けましておめでとうございます!

今年の年越しはハイデルベルクに住む友達のところで祝ってきました。
友達の友達たちとラクレットというちょっと意味不明なパーティーフード(個々が小さな鉄板でチーズと自分の好きな具を溶かして食べる)を食べた後、ライン川にかかる橋の上で花火を満喫(少々命の危険を感じますが)して、なぜかその後2時間もそのへんをたむろって、ディスコで朝7時までオールナイトダンシング!
いやぁーー若者ってすごいよね(感心)。
やっぱり年越しはこたつでみんなでツマミを食べながらひたすらだらだらして「行く年来る年」をみるものだと思ってる私には「パーティー!!」っていうノリには違和感があったんだけど、実際なかなかおもしろかった。
少なくとも去年の年越しよりはずっとインパクトがあってよかった!
(2005年年越し:家族みんなでロンドンにいたものの、みんな風邪でダウンして年越しはベッドの中。私はかろうじて起きてたけど、母と兄は横でグーグー寝てた)

2005年があんなにどたばただったのは、あの年越しのせいか、鈴木数子の助言にとことん逆らったせいか(転居、旅行、転職などは厳禁だったらしい)・・・と思っていたんだけど、
よくよく考えたら全部自分で決めてやったことでした。
ふられたこと以外は(うっ)
でも私のドイツに来たそもそもの理由は「戦う」ためだったからなんか妙な達成感もあったりして悪い年ではなかったです、決して。
今年は昨年と一転して、根をはる方向でいこうと思ってます。
せっかちだからすぐソワソワしてしまうんだけど、でもそうやってじっくり時間をかけることで初めて得られることがたくさんあるはずだもんね。
それには早く腰を落ち着けられる家をみつけなければ!

とにかくこの場で新年のご挨拶をさせていただきます。

みなさん、よいお年を!!
今年もこんな私をどうぞよろしくお願いいたします。

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。