スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺繍はじめました

2010/03/02 08:48

しばらくブログご無沙汰してるとは自覚してたものの、結婚式以来書いてないとは…
えーざっと近況をお伝えしておくと、昨年10月にドイツで結婚式を挙げたあとばたばたと日本への帰国が決まり、11月末に完全帰国、1月中旬に東京の新居に引越して今に至ります。

この半年自分の時間は沢山あったんだけど、常に「あれやれなきゃ、これなきゃ」という焦りと、「これからどうなるんだろう」っていう漠然とした不安があったせいかあまり楽しめていなかったんだけど、ようやく引越しの片づけも一段落ついて余裕がでてきました
最近はお客さんを家に招待したり、パン作りに挑戦してみたり、ケーキを無駄に焼いてみたり、オリンピックにくぎ付けになってみたり…結構シビアな業界で働いている旦那さんは毎日帰宅すると「平和だね…」とつぶやきます
仕事しないと居場所が見つけられない気がして、帰国当初は求人情報を必死に探したりしてたけど、数日前に突然何かがふっきれて「こんな風にいろんなことに挑戦して、時間を費やせることなんて今後の人生でそうそうないだろうから、おもいっきり楽しもう!」という気持ちになり、毎日が楽しいです
仕事は本当に興味がもてて、条件もそれなりのものが見つかればやればいいかというかんじ。
旦那も私が家にいたほうが家事がこなせるし料理も手の込んだものがでてくるので今のところ満足な様子。

それでそれで…自分時間充実プログラムの一つとして最近始めたのが刺繍。
基本的に「作る」ことが好きなので、これまで手芸に興味はあったものの、学校の家庭科でやるくらいで本格的にやったことはなくて淡い憧れにとどまってたんだけど、年齢的にも基本的なことくらいはできときたいなぁと思うようになっていて。
そんな時に編み物の上手な友達が編み物教室なるものを提案してくれ、女の子数人で集まってかぎ編みに挑戦してみるものの…撃沈
左利きだからなのか、ただ不器用なんだかしらないけどうまく手が動いてくれない!
しかも動きも憶えられそうにない
早くも挫折の気配…でも手仕事は嫌いではないし、何かに没頭するのも好きだし…
そんなときにふっと思いついたのが刺繍だったというわけで。
刺繍は高校の家庭科の時に一番夢中になれたものだったし、これまであまり意識したことはなかったんだけど、私はどうやら刺繍の入ったものが好きらしい。
そういえばお気に入りのニットもバッグも刺繍入りだったよなということに気が付いて。
あとなにより刺繍の一番の魅力に感じられるのは、モチーフやデザインの幅が広いこと。
ある程度の技術を身につければ自分でモチーフを考えて作れるし、将来的には好きな絵を刺繍できるかもとか考えるとすごいワクワクしてくる
季節も選ばないし、小さなものなら持ち運んで暇つぶしにもできるしって考えたら今すぐ挑戦したくなって本屋に駆け込んで…青木和子さんのとってもかわいい本を発見。
超初心者なので焦る気持ちを抑えてまずは練習用キットを購入してせっせと練習してます。
でもよく見ずに買ったキットが難易度1~3のうちの3で
とはいえ練習用だからできないほど難しいわけでもないんだけど、刺し方を詳しく説明してある本とにらめっこしながらやってます。
っていうかそんなにいろんなステッチがあるっていうことすら知らなかった…
まだ初めて3日ですが、やりだすと止まりません

一番最初に挑戦したもの↓

IMG_0626.jpg

今作成中のもの↓
IMG_0624.jpg

なんか刺繍って丁寧にやればそんなに器用じゃなくてもできる気がするのでやりがいがあります。

なんせ飽き性なのでいつまで続くかわからないけど、夢は膨らみまくってます
とりあえず今は基本のステッチを憶えることを目標にがんばりまーす。
スポンサーサイト

あぁ秒読み段階…

2009/10/02 12:19
結婚式まであと残り1週間少しとなりました。
ここにきて少し風邪気味だけど、風邪なんて引いている場合ではないのでふっとばずぞー!
さっきのんだ葛根湯パワーに期待。
漢方薬は太田胃散くらいしかのんだことなかったんだけど、どうやら私漢方薬の味が好きらしく、葛根湯も大好き(薬を味で選ぶな)。
だってなんかドイツのクリスマスのお菓子の味なのよ。
太田胃散にしても、葛根湯にしても飲むと「クリスマス♪」って思います。

一週間前だというのにまだまだ細かいことでやることがたくさん。
数日前は焦りがピークだったけど、今は少し落ち着いてきたかな。
この2か月はほんとに結婚式準備中心の生活だったから、それから早く抜け出して次のステップにいきたい、というのが今の気持ち。
結婚式はすごく楽しみだけど、それはこれからの夫婦生活の始まりでしかないからね。
とはいえやっぱり細かいことが気になるし、いろいろ心配になるしでなかなかリラックスはできないんだけど。
まぁ昨日最後の買い物をして、手袋、イヤリングなども揃ったので後はメニューと席次表をを完成させて、式の進行を固めることかな。
音楽CDもちゃんと順番通りに並び替えて、曲をかけるタイミングを書かないといけないわ。
すいません、完全に自分の頭を整理するための日記になっています。

今の一番の不安材料はヘアメイク…
ヘアメイクを頼んでいた美容師さんに元上司が昔髪を切ってもらったことがあるらしくて、全然気に入らなくて他で切りなおしてもらったっていう話を今更きいてかなーーーり不安になったんだけど、他にあてがあるわけでもないので髪はやっぱりその人にお願いすることにした。
そんな難しいことをしてもらうわけでもないし、アップだから切ってもらうのとは違うって自分にいいきかせて。
写真がいっぱい残るって言うのに髪型のせいで気に入らなかったら悲しすぎるけど…
ゲストの皆さん、ちょっと変でも髪型にはふれないでください。
でもメイクはやっぱり自分の使いなれてるメイク道具でやった方が安心だし、自分でもがんばればできるかもっていう結論にいたったので現在練習中。
普段化粧は肌は日焼け止め+パウダー、アイメイクは基本のアイライナーとマスカラ、というかんじなので、アイシャドーの付け方がよくわからず…
YOUTUBEでメイクのチュートリアルとかみて自分で何種類か試してみて、今日やっとこれでいいかな?というメイクができた。
厚塗りにはしたくないけど、やっぱりいつもよりは華やかな印象がいいからねぇ。
知り合いの美容師さんが、「自分でやるとどうしても薄くなってドレスに負けちゃうこと多い」って言ってたけど、いくら写真写り良くても近くでみて「だれ?」ってかんじのメイクはいやだし、崩れたときに恐ろしいことになりそうだし…
でも「結婚式のため」という言い訳でアルマーニの化粧品をいくつか購入。
ケースとか全体的にシックできれいだし、化粧品自体も大人っぽいけどかわいらしさもあるような色見が多くてつぼなんだよねぇー

なんかだらだらと書いてしまいました。
次の日記は結婚式報告になるかな?
あーハプニングなく無事に終わりますようにっっ!


幸せな気持ちにしてくれる食べ物

2009/09/15 13:42
IMG_0057.jpg


「ミルクティー」と「ヨーグルトティラミス」
が最近のマイブーム。

ミルクティーは最近読んでる小説に何度かでてきて、なんだかむしょーに飲みたくなったのがきっかけで最近毎日のようにのんでます。
なんか小説にのみものとか食べ物がでてくるとすぐ影響されるのよね。
物語に飲み物とか食べ物の描写が上手に使われていると、その場面の暖かさとか雰囲気がすごく伝わってくるから好き。

ミルクティーはほっとする優しい味はもちろんだけど、なんか乙女チックでいいよね。
本来はコーヒー派なので一日2杯くらいはコーヒーをのまないと気が済まないんだけど、紅茶はなんか優雅な感じがして飲んでるその時間も楽しめるかんじ。

で、ヨーグルトティラミスはクックパッドで「ヨーグルトで作れるお菓子ないかなー」と思って探したときに見つけた人気レシピで、生クリームとかこってりしたチーズは全くなしで、スキムミルクでコクをつけてティラミス風にするというもの。
正直ティラミス大好きというわけではないんだけど、材料がすごくヘルシーだったし人気だったから作ってみるかと思って挑戦したら、ほんとにティラミス!!
牛乳自体は大好きなんだけど、牛乳の加工品(ミルクシェイク、低脂肪牛乳、ミルク飴など)があまり好きでなくて、スキムミルクもなんか気持ち悪い!と思っていたんだけど、見直した!!
オリジナルのレシピは砂糖を入れるんだけど、私はそこをメープルシロップにして作ってます。
結構満足感があるから、小腹減ったときとか食後のデザートにぴったり。
レシピのリンクを勝手にはっていいものかわからないのでアドレスは書きませんが、気になる方はクックパッドで「ティラミス気分でヨーグルト」といれてもらえばヒットします。

もともとダイエット目的で食べ始めたわけじゃなかったんだけど、最近のおやつ、デザートを上記の2つで済ましていたら痩せた!
ドレスを見栄張って結構きつめにお直ししてもらったから、今更「息が深く吸えなくて倒れたらどうしよう」とか本気で心配しているもんで、少し痩せてちょうどいいかもしれない。

写真は全然関係ないけどこの間作ったスペイン風夕食。
スペイン土産のイベリコハムとガスパチョとにんじんのスパイス炒めとポテトサラダ(和風)。
スペインのハムはパワフルだけど深みがあってほんとおいしい。
私のイメージではパルマハムが婦人でセラーノハムは紳士というかんじ(?)。

あと一か月

2009/09/07 12:06
久々にテンプレートを変更してみました。
もうすっかり秋の雰囲気が漂うドイツだけど、もう一度くらいは夏が戻ってきてくれることを願って少し夏らしいのにしてみた。
なんかちょっとかわいすぎて私らしくないかんじもするけど、ラズベリーにやられちゃったよ…
あぁだめだめ、見てるとよだれが…
ラズべリーといえばウェディングケーキにもばっちりラズベリーを入れてもらいました。
ほんとうはラズベリーが表面にしきつめられているようなケーキが夢だったけど、旬じゃないラズベリーは味がしないので代わりにラズベリークリームを使ってもらうことにした。
表面のコーティングはもちろんビターチョコで、しかもしかもパッションフルーツも入るんだよ♪
あぁー夢のようなケーキだわ…

ところで現実逃避スペイン旅行からドイツに帰ってきて一週間がたちました。
結婚式の準備もつめの段階に入ってきています。
だって何気にもうすぐ一カ月をきってしまう…
でも正直ここにきて少し気持ちが落ち着いてきた。
まだまだやらなければいけないことは山積みなんだけど、やらなければいけないことがはっきりしてきたし、何より仕事がないので準備に時間を費やせるから。
もちろんここまでの準備は仕事と並行してやってきたわけだけど、はっきりいって2人とも働きながらの結婚式準備はなかなかつらいものがあります。
もちろん働いてると単純に時間がないっていうのもあるけど、平日の夜にしても週末にしてもなんだかいつも断片的にしか準備ができなくて、なかなか全体像が把握できないっていうか、集中しきれない。
もちろん要領がよければそこまで苦労しないだろうけど、それでも多大な時間を費やすことにはなるから式の準備でひーひー言ってる人たちの気持ちが今はよーくわかる。

日本でやるかドイツでやるかで迷った時、結果的に「2人が出会った場所だから」「ドイツを離れる前にこっちでお世話になった人たちにお礼の意味も含めてやりたい」っていう気持ちが大きかったからドイツでやることにしたけど、日本でやった場合のネガティブな点としては「しきたりが多くて面倒」とか、お互いに日本の方が知り合いが多い分、「招待するべき人」も増えるから、呼びたい人だけを呼ぶというわけにもいかないっていうのがあった。
でも日本だとどういう会場でやるにしてもほぼ確実にウェディングプランナー的な人がつくと思うから、その点はすごいメリットだなぁって準備を始めてから気がついた。。
やっぱり自分で全部やってると「なにか重要なことを忘れてるんじゃないか」っていう不安がつきまとったりとか、「いつまでに何を決めてないといけないんだろう」っていう要領的な問題とかがあっていちいち不安だし、手際よくできない。
そんなときに、客観的、総合的にみてアドバイスをくれる人がいればいいのになぁって何度も思った。
でも、逆に変に周りに影響されずに本当に自分のやりたいようにできるっていう意味では、よかったのかもしれない。
自分でイメージをふくらまして、自分で話をすすめていかないとどうしようもない状態だったから、「どういう結婚式にしたいのか」っていうのは必然的にじっくりと考えることになるし。
もちろん現実的には自分の求めてるものが予算的な問題で実現が難しかったり、思ったような人がみつからなかったり(司会者、カメラマン、会場スタッフなど)、場所的な条件でやれることが制限されるっていうことはあるけど、そこはもう自分が全部責任をもってやっていることだから仕方ないって思える気がする。
まぁでも今回予想以上に友達がはるばる日本から参加してくれることになったし、準備自体は楽しんでるとは言えないけど、式は心から楽しみ。
早くその日にならないかな。
っていうか早くその日が終わって幸せな思い出として思い出したい

あともう少し、がんばろーっと。

噂通りの大変さ

2009/06/14 23:50

最近はひたすら結婚式準備に追われる毎日。
当初は来年でいっかぁと思っていた式を今年中にドイツでやってしまうことに決めたのが先月のあたま。
それからというものの、式場探しでほぼ毎週末外出していて、でかけない日も業者に問い合わせたり、ゲストリストを作ったり、出欠の可否を打診してみたり…となんだかんだ忙しい!!
式は10月11日にほぼ決定だから4か月を切っていて、ウェディング関係の雑誌のTO DOリストみたいのを見ると焦る焦る!
1年前から準備始めたいとも思わないけど、半年くらい前には式場が決まってたほうがいいねぇ。
まぁそんなこと言っても10月にやるって決めた以上フルスピードで準備をすすめないと、遠方から来るゲストに迷惑がかかるので、頭を悩ませながらだんだんイメージをふくらませているところです。

一生に一度の(はずの)せっかくの結婚式準備なんだから楽しまなきゃーとは思うんだけど、みんなが楽しめるものをって考えると迷ってしまってなかなか決断ができないし、結構心配事とかもでてきたりして実際ためいき+ストレス感じること多し。
何が一番つらいって相談できる友達がいないってこと。
自分と結婚相手の結婚式だから、基本的に2人で話し合って決めなきゃいけないことだけど、ドレスを一緒に見に行ってくれる友達とか、演出とかデコレーションに関して話できる友達が身近にいないと結婚準備の楽しみも半減だね…

それにしても前は結構なんでも「どうにかなるさー!」的なスタンスだったけど、最近は心配症になってきて、我ながら歳を感じるわぁ。
ほんと母親に似てきてしまいました、そういうとこ。

ってなんだかネガティブなことばかり書いてしまったけど、実際の式とパーティーを想像すると幸せな気持ちになるし、会場探しのためにおいしいレストランをたくさん発見できてるのでもちろん楽しい部分もあるけどね!

式とパーティーの会場、料理のイメージ、色のテーマ、大体の流れは決まってきたけど、招待状やドレス、移動手段&ホテルの手配、音楽、デコレーション等まだまだ決めることは山盛り!!
噂には聞いていたけど、結婚式準備ってほんと大変だー!
かなり喧嘩も増えやすい時期だってきくから心を落ち着けないと…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。